読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

focuslightsの満たされない日々

日々の恨みつらみなど。文句などありましたら、コメントへどうぞ

JR北海道の存在価値

ちょっと前の話ですが、北海道に旅行に行ってきました。

最近一人旅がちょっとしたマイブームで、まとまったお休みをいただいて、国内をうろついています。
が、北海道旅行がいつもの一人旅と違ったのは、レンタカーを借りたことです。

普段の旅行では公共交通機関、特に電車がメイン。
というのも、私は運転が下手なので、レンタカーを利用すると事故を起こす可能性が高い。
それに、こちらに過失がなくとも、対向車の暴走に巻き込まれる可能性もあります。

一方、公共交通機関なら、自分が加害者になる可能性はほとんどありません。

なのでレンタカーの利用は避けてきたのですが・・・・
北海道の路線図をみたとき、これでは電車旅行は無理だなぁ。と感じました。

こちらが現在のJR北海道の路線図(乗り物ニュースより)
f:id:focuslights:20161120181823j:plain
trafficnews.jp

お目当ての知床や摩周湖襟裳岬は電車が通っていない。
納沙布岬根室駅から結構離れていました。

一大決心をしてレンタカーを借りて出かけたのですが、旅行中事故を起こさないか心配で、正直楽しめませんでした。
それに電車と違って、車を運転をしている最中は写真撮影ができないのがデメリット。

やっぱり、一人旅は公共交通機関のほうが幸せです。



その時の旅行で行きそびれたのが、北海道北端の稚内

本当は、北海道西海岸沿いの「オロロライン」を走っていくつもりだったのですが、スケジュール的に厳しかったので、断念。
あと、札幌から電車が通っているので、レンタカーじゃなくてもいいか。

ところが、ネットニュースを見ていたら、JR北海道が維持困難路線を発表していて、宗谷本線が対象になっていることを知りました。

dd.hokkaido-np.co.jp
f:id:focuslights:20161120182015j:plain

正直、北海道の都市間列車に存在価値があるとは思えないのですが、観光のことを考えたら、根室稚内だけは残してほしいなぁ。と思います。

2016/12/10から青春18きっぷの期間が始まるので、廃線前に北海道に行ってこようかな。と思っているfocuslightsでした。