読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

focuslightsの満たされない日々

日々の恨みつらみなど。文句などありましたら、コメントへどうぞ

国立新美術館ルノワール展がいまいち

 2016年4月27日~8月22日まで新国立美術館ルノワール展が開催されています。
そろそろ空いているかな?と思って行ってきました。
f:id:focuslights:20160618163704j:plain
私は、比較的印象派が好きなのですが、ルノワールはそれほどでもない・・・
というか、ルノワールって有名なだけで、印象派のなかでは3流だと思いませんか?

 新国立美術館ルノワール展はオルセーとオランジェリーのコレクションを持ってきただけで、ルノワールのすべてというわけではありませんが、鑑賞していて「いいな」と思ったのは、「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場」だけ。
 色使いも下品だし、デッサン狂ってるし、いまいちでした。

それ以上にがっかりだったのが・・・新国立美術館の展示方法。

借り物を展示するので、絵画を保護するために展示室が暗いのはしょうがないと思います。
が、絵画に対して、天井からLEDライトで照らしつけるのはいかがなものかと思いました。

今回の展示では「田舎のダンス」と「都会のダンス」がならんで展示されていたのですが、近寄ってみると天井のLEDライト(3LED*2x2列が2灯)がくっきり映しだされていました。
油絵で、光をそのまま反射しやすいのは当たり前のことなので、もっと柔らかい光で全体を照らすべきではないでしょうか。

まぁ、見るべき作品が少なかったので、どうでもよいですが。

1600円ならこんなものかな。という感じです。
今回は、図録を購入しなかったfocuslightsでした。