focuslightsの満たされない日々

日々の恨みつらみなど。文句などありましたら、コメントへどうぞ

ジョエル・ロブションって恵比寿にあるんだ

 先日、ウェスティンホテル東京で無料セミナーがあったのでノコノコと出かけてきました。


 ウェスティンホテルって、恵比寿ガーデンプレイスの端っこにある超高級ホテル。
 タクシーとかで乗り付けるのならともかく、JR恵比寿駅からだと遠いし、エアコンが効いていない場所もあるので、セミナー会場としてはいまいちだと思うのですが・・・

ま、無料セミナーなので、文句は言えませんね。

ちょっと早めに到着したので、ガーデンプレイスでランチでも。と思った時に見かけた異質な建築物。
近づいて納得。「ジョエル・ロブション」ってこんな場所にあったのですね。
f:id:focuslights:20171011191411j:plain

普段あまり恵比寿に近寄らないし、さすがにここまで高級なレストランは縁がないので知りませんでした。
ちょっとランチより高そうだけど、まぁ、たまにはいいか。と思い、入店しようかと思ったところ・・・

MENU DU JOUR ¥9000 うへ~。想像以上でした。

値段が高いのもありますが、この値段だと、20分でランチを済ませてセミナー会場にダッシュ。というわけには行かないでしょうね。
(そもそも、予約なしでランチに入れるかどうか疑問ですが)

庶民には無理だ。と諦めて、スターバックスでクッキーをかじってました(笑

それにしても、一生に一度くらいはこういう店に。とは思っているのですが・・・
このくらいの歳になると、高級レストランに行ったことを友人に自慢したところで「へぇー」で話題が終わってしまいますし。

なにより、私はお酒が飲めない(飲まない)ので、ソムリエに大変申し訳無いので高級レストランに行きづらいんですよね。
ソムリエに、「すみません、私はお酒が飲めないのでワインは無しで軽い食前酒だけで」。とお願したとき、絶望したような顔をするのをこれまでに何度見たことか。

酒を前提としない高級店(洋食・和食)って、どうして存在しないんだろう。と思うfocuslightsでした。



中華なら、お酒抜きでも形になりますが、カロリーが半端なくなるのが傷ですね。