読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

focuslightsの満たされない日々

日々の恨みつらみなど。文句などありましたら、コメントへどうぞ

不覚にも笑ってしまった(ひだまりスケッチハニカム)

2017年冬クール(1/7-3/25)にひだまりスケッチハニカムが放送されていました。
というか、2012年にTBS系が放送していたものの再放送といったほうが良いでしょうか。

なつかしくて視聴していたのですが・・・
一度見た作品のはずなのに、不覚にも声を出して笑ってしまいました。

1話にて。
3年生が、北海道に修学旅行に出かけたため、寮には1・2年生だけが残っているシチュエーション。
2年生の「ゆの」(主人公、阿澄佳奈)は「先輩らしいことしなければ」と思っているところに、1年生のなずなが「肉じゃがに挑戦したのですが、味付けに失敗したのですが、どうすれば良くなりますか」との相談。

「わかった。まかせて」といって試食した後のひとこと。

えっと、一度(肉じゃがを)ザルにあけて水洗いかな。

f:id:focuslights:20170422214256j:plain
c 蒼樹うめ/芳文社/シャフト/ひだまり荘管理組合、TBS

不覚にも声を出して笑ってしまいました。



結局、カレーライスに作り直してごまかしたという話でした。

そういえば、「逃げるは恥だが役に立つ」でも「大根と牛肉のスープ煮」でショウガ味が強すぎて、カレールーを投入してごまかす。という話がありましたね。

私もたまに自炊というか、「チャレンジ料理」に手をだすことがあります。
・豚肉の塊のワイン煮とか
・牛肉の塊のラード煮(コンフィ)とか
・鶏もも肉の高級日本酒蒸しとか

美味しくないことも多いのですが・・・
アニメをみて「そうだ、カレールーを常備しておこう」と思いついたfocuslightsでした。