読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

focuslightsの満たされない日々

日々の恨みつらみなど。文句などありましたら、コメントへどうぞ

二度とANAの非常口席に乗らないと誓った

以前別ブログで、「非常口席(EXIT Row)のデメリット」というエントリーを書きました。
focuslights.blog102.fc2.com

この時は、「非常口席は足が伸ばせるけど、足元に荷物が置けないので、時間つぶしができないから、国内線だとメリット無し」と結論付けました。

 で、先日欧州出張の際、飛行機の空席を調べていたら・・・・

直前になって、非常口席があいているのを見つけました!

12時間のフライト。前に座席が無くて足が伸ばせればさぞ快適だろう。と思い、速攻で非常口席を予約しました。

さらに、窓際席。
 以前は、離着陸時は電子機器はオフにしなければなりませんでしたが、今は電波を発しない機器ならOK。
 カメラ好きの私は、空から町並みを撮影したくてたまらないので、窓際かつトイレに行きやすい非常口は超ラッキー・・・

と思っていました。着席するまでは。



実際の席を見た瞬間。心のなかで、「なんじゃこりゃーーー」と叫んでいました。

なんと、席が機体にめり込むように設置されていて、目の前に非常ドアがあって足が伸ばせないどころか、立ち上がるのも難しい座席配置
(立ち上がるために、手すりが設置されていました)
さらに、外をみる窓が無く、写真撮影など全く不可能でした。
f:id:focuslights:20170329235930j:plain
座席が壁にめり込んでいて、痛く無いように角がクッションで覆われています。f:id:focuslights:20170329235924j:plain

確かに、機材はコンパクトなB787型。でも、こんな座席配置ってひどすぎませんか?

エコノミークラスですが、会社のお金なので、正規料金に並に払っているのに・・・

国内線だけでなく、国際線でも非常口席乗るのはやめようと固く決意したfocuslightsでした。