読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

focuslightsの満たされない日々

日々の恨みつらみなど。文句などありましたら、コメントへどうぞ

波照間島に行ってきた。が、心が締め付けられるような旅でした。

見直してみて・・・どうでも良い話をダラダラと書いていますが、興味のある方だけお読みください。

少し前の話ですが、沖縄に行ってきました。
目的は「波照間島

以前、小坂俊史さんの「わびれもの」という漫画を読んだときに、「一般人が上陸可能な日本最南端の島」として紹介されていて、いつか行ってみたいなぁ。とずっと思っていました。

人口500人の島に、直行便などあるはずもなく、石垣島から船便のみ。
それも、冬場だと海が荒れているので、毎日出港するとは限らないとのこと

一方、石垣島周辺には、波照間島以外にも、西表島などいくつも離島がありますが、船会社(安栄観光)はフリーパス券を発売していて、フレキシブルな観光にピッタリ。

ということで、石垣島に3泊4日して、天候の良い日に波照間島、その他の日は周辺諸島を訪問する旅程にしました。


で、石垣島到着後、空港からフェリーターミナルに直行してフリーパス(周遊券)を購入しようとしたところ、係員の方から・・・
>本日の波照間航路は全便欠航
>大型低気圧が接近しており、天候は悪化の方向
>波照間便が出港するかどうかは、出発時間の1時間前に決定する
>フリーパス期間内で、たとえ全便欠航だとしても、返金はなし

とのこと。

天候は自然現象のため、自分のツキの無さを恨むしかありませんが、問題は最後。

 フリーパス券は波照間航路有り・無しでだいぶ値段が違うので、波照間付きを購入したのに全便欠航だとかなり損。
 逆に、波照間無しを購入した上で、別途波照間島往復を購入しても結構割高。

フリーパス期間 波照間便なし 波照間便付き
3日間 5800円 10000円
4日間 6800円 11000円
5日間 7800円 12000円

波照間島往復便(単体) 5870円

 もともと、最終日は石垣島内バス観光を考えていて、船に乗らないスケジュールだったので「波照付き3日券」(10000円)を購入する予定でした。
 が、最終日しか波照間便が出港しない無い場合、早めに石垣島内観光を済ませておき、4日目に波照間島という可能性もある。
 一方、全日欠航の可能性を考えると、波照間付きフリーパスを購入する損かも・・・

つまり
① 波照間付き3日券:10000円(当初の予定)
② 波照間付き4日券:11000円(4日のうち1日は船を利用しない)
③ 波照間無し4日券+別途波照間往復券:6800円+5870円=12600円

②だと、4日間乗り放題だけれども、波照間便が全便欠航だった場合、波照間無し3日間に比べ5200円の損。
③だと、全便欠航時の損は少ないけど、4日間の間に波照間便が出港した場合、もっとも高額(12670円)

波照間島には行きたい。でも、天気概況を見る限り、天気は悪くなる一方。
ということで、現実的な選択肢として「全便欠航」の可能性が高いと判断し、③:とりあえず波照間なし4日パスを購入しました。



で、毎朝7時にフェリーターミナルに行き、出港状況と天気概況を確認すること4日間。
波照間島上陸は不可能かと諦めていたら・・・

ついに最終日に、波照間便が出港することになりました!
f:id:focuslights:20170312193156j:plain
ところが・・・
出港が決定したのは、第1便(石垣⇔波照間往復)のみ。
行ったっきり、石垣島に戻れなく可能性があります。
2便、3便が出港するかどうかは、出発直前まで決まらない。とのこと。
ところが、その日は東京に帰る日。
万が一、2便以降が欠航になった場合、波照間島に取り残され、飛行機はキャンセルしなければなりません。

選択肢として・・・

  • 1便で波照間に上陸して、5分間だけ滞在して石垣島に戻る
  • 2便以降も出港することに賭けて、波照間島最南端の碑を見に行く(出港しなければ、波照間滞在、飛行機キャンセル)

 とりあえず、往復チケットを購入して、どちらにするかは船の中で決めることにしました。

 船は・・・とても揺れました。
 海はとても荒れていました。
 私が沖縄に来る前からも、波照間航路は欠航しており、島にずっと足止めされている人や物資の輸送のため無理して出港したように思えました。

この荒れ方だと、2便以降が出る可能性は低いかもしれない。
でも、波照間島に上陸しておいて、5分で石垣島に戻るのは嫌だ。
そもそも、目的は、日本最南端の石碑での記念撮影。そのためだったら、飛行機のキャンセル料くらい仕方がない。

と決断し、上陸して観光することに決めました。

自転車を借りて、島内観光している間・・・
ずっとスマホで、出港状況を確認していて、正直楽しめませんでした。
(コンビニもない人口500人の離島で、LTEが使えるのはびっくりでしたが)
最南端の石碑も、正直「こんなもんか」という感じでした。

島内観光で一番うれしかったのが・・・・、2便出港決定が発表された瞬間。

波照間島に取り残されることも、飛行機のキャンセルもしなくて済みました。

でも、本当にスリルに溢れた離島観光になりました(笑



日本最南端の島、波照間島

まぁ、人生で一度くらいは行ってみたいと思いましたが、二度行くことは無いと思います。

今から行ってみたいと思う人は・・・
① 夏は台風、秋冬は強風で欠航が多いので、春頃が吉
② 「だめたら次回石垣島に来たときに」くらいのゆとりを持つ

でしょうか。

google mapのストリートビュー(波照間島 日本最南端の碑)で十分だったなぁ。と思うfocuslightsでした。

f:id:focuslights:20170312193242j:plain
波照間島自動販売機。値段はリーズナブル。

f:id:focuslights:20170312193323j:plain
波照間島は中央部の標高が高い楕円形の島。
同じ標高くらいのところに楕円形の集落周回道路があって、海に向かって放射状に道路がある構造。
上の写真は、集落周回道路から、海に向かって取った一枚。

f:id:focuslights:20170312193517j:plain
夢にまで見た「日本最南端の碑」