読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

focuslightsの満たされない日々

日々の恨みつらみなど。文句などありましたら、コメントへどうぞ

アンデスチャッキーにモデル作品があったんだ

2014年の冬シーズンに「SHIROBAKO」というアニメが放送されていました。

アニメ業界の裏事情、人間関係、理想と現実の折り合いを描く傑作。
再放送(短期集中)もされていて2・3度見た記憶があります。

アニメの中で、主人公である「宮森あおい」がアニメ業界を志すきっかけとなり、作中に度々登場する劇中アニメとして「山はりねずみアンデスチャッキー」という作品があります。

武蔵野アニメーション」が昔手がけたアニメーションという設定。
てっきり架空のアニメだと思っていました。

が、先日「マツコ有吉の怒り新党」をみていたところ、「記憶調査委員会」というコーナーで
マジンガーZが恋に落ちる話があったと思うのですが調べてください。
という調査をしていました。

で、その時、1973年8月19日付けのテレビ欄が紹介されていたのですが、マジンガーZの後枠に
山ねずみロッキーチャック」が乗っていました。
f:id:focuslights:20170305010255j:plain
(copyright 朝日新聞)

>こちら(ニコニコ大百科)によると、その筋の人には周知のようですが、モデル作品があると知ってびっくりした次第。

それにしてもSHIROBAKOという作品。

冒頭は、「イニシャルD」のようなカーチェイスアニメを装っておきながら、後半は人間ドラマの熱血アニメになるとは。
見始めた頃には、そんな展開想像もしませんでした。

やっぱり、P.A.WORKSは良い仕事をしますよね。

SHIROBAKOの続編が見てみたいなぁ。と思うfocusligtsでした。