読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

focuslightsの満たされない日々

日々の恨みつらみなど。文句などありましたら、コメントへどうぞ

40歳女性の価値

はてブに増田の釣りっぽい記事がブクマされてました。
anond.hatelabo.jp

40歳独身処女の親友が自殺した。
お互いに35になる頃、彼女は自分が彼氏いない歴=年齢で処女であることを言ってきた。
「早くしないと子供産めなくなっちゃう」と泥酔して号泣しながら言った。
私は彼女の背中をさすりながら「会社に男性は居ないの?」とか「結婚相談所に行ってみたら?」とか慰めていた。
その時彼女が鼻をすすりながら言った一言が私は忘れられない。

最近話題のドラマ「逃げるは恥だが時には役に立つ」に出てくる、50歳処女閉経の「ゆりさん」(石田ゆり子)のパクリだと思われます。
もし、事実だったらごめんなさい。
というか、釣り記事であってほしいな。と思います。

 が、独身男からすると、40歳超えた女性には、女性としての価値を見いだせないのは確か。
 女性としての価値といっても、受胎可能かどうかという生物学的な意味であって、人間的な価値とはまた別だけど。



そういう自分も、結婚せずにはや40歳すぎ。

女性経験はあるけれど、過去の一番相性のよかった彼女と比べてしまうと、どうしても結婚に踏み切れない。

昔のお見合みたいに、35歳過ぎた独身男女は、マイナンバーで強制的にカップリングしてもらえたらいいのに。と思ったりします。
すぐに離婚したとしても、「あれは政府が決めた相手だったからね」と言い訳できますし。


って、統一教会に入信すればいいのか。と思い出したfocuslightsでした。