読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

focuslightsの満たされない日々

日々の恨みつらみなど。文句などありましたら、コメントへどうぞ

速報はありがたいけど、GIGAZINEの結論が意味不明

GmailHotmailYahoo!などから2億7200万件のメールアドレスとパスワードが流出しているようです

gigazine.net

GmailHotmailYahoo!、そしてロシアで広く使われている「Mail.ru」などのウェブメールサービスから、合計2億2700万件というとてつもない数のメールアドレスとパスワードがセットになって流出していたことが判明しました。詳細は各サービスとも調査中とのことですが、気になった人は念のためパスワードを変更しておいたほうが良さそうです。
(中略)
GoogleYahoo!Microsoftは現在調査中のため、報道各社の取材に対してコメントを差し控えているとのこと。

通販などの連絡用に使うアドレスもあるので、とりあえず重要なアドレスだけPWを変更しておきました。
大手(yahoo/googleニュース)はあまり報道していないようようですし、事実ならGIGAZINEさまさまですね。

でも、結論が変。

大量のアカウント情報が実質的に「無料配布」の状態で公開されていたという恐るべき事件が発覚したわけですが、ユーザーがとれる自己防衛策はなんといってもパスワードの管理を強化することに尽きます。「1234」や「abcdefg」などの誰でも思いつくようなパスワードを徹底的に避け、パスワード生成ソフトなどで作った複雑なパスワードを使って定期的にパスワードを更新し、パスワード管理ソフトで管理するという対策を心がけることが重要といえそうです。

メールアドレスとパスワードが同時に流出しているのですから、いくら複雑なパスワードを設定していようが、全く無駄な話です。
情報流出時のテンプレなのか、なんだか知りませんが、今回の記事に関しては無意味な記載ですね。



記事のまとめが意味不明だと、全体の信ぴょう性も低下してしまいますね。
元記事(海外サイト)を確認しようとおもったfocusightsでした。