読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

focuslightsの満たされない日々

日々の恨みつらみなど。文句などありましたら、コメントへどうぞ

ファールボールで賠償請求って、球団は絶対に和解すべきでないと思う

> 札幌ドームで2010年8月、プロ野球を観戦中にファウルボールが当たり右目を失明した札幌市の30歳代の女性が、北海道日本ハムファイターズなどに計約4660万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、5回目の和解協議が26日、札幌高裁(佐藤道明裁判長)であったが、協議は決裂し、5月20日に判決が言い渡されることになった。

 原告側代理人によると、原告側は責任の所在を明らかにすることや安全対策の改善などを求めてきたが、球団側と主張が折り合わなかったという。

 球場まで野球を見に行って、ファウルボールが当たったからといって損害賠償って、どんな言いがかりでしょうか。

地裁では、賠償命令が出たようですが、こんな判例が確定したら、少年や高校野球を含め、すべての野球の試合は無観客にしないと怖くてやってられないですよね。

裁判所 | 裁判例情報:検索結果詳細画面

 地裁判決文によると、原告の女性は試合を見ていなかったと証言しているものの、たとえ見ていたとしても、回避できたとは限らない。とされていますので、反射神経の鈍い「年配女性」を内野席から排除すべきじゃないでしょうか?

 

 ファールボールも持ち帰られるようにすれば、内野席客もグローブを持ち込むようになるので事故が減るかも。と思ったfocuslightsでした。