読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

focuslightsの満たされない日々

日々の恨みつらみなど。文句などありましたら、コメントへどうぞ

ボディソープ業界はユニバーサルデザインに興味が無いらしい

先日帰省したときのこと。

 お風呂に入ったところ、シャンプー類のボトルがずらりと並んでいました。どうやら家族で別々のシャンプーを使っているようです。

 裸眼だと、どれがどれだか区別するのも一苦労。

 でも大丈夫。シャンプーはボトル側面とノズル上部に溝があって区別できるようになっています。視覚障害者の方に配慮したいわゆるユニバーサルデザインってやつですね。

シャンプーのきざみができるまで|花王株式会社

f:id:focuslights:20160131194358j:plain

 1991年に花王が開発して、各社によびかけた結果、いまでは、ほとんどのシャンプーの容器に溝が作られています。

 

問題はその後。

シャンプーを終え、次にリンスをしようとしたとき・・・よく見えなかったので、隣のボトルを使ったところ、「ボディソープ」でした。

 溝がないからリンスだと勘違いしたのですが、ボディソープ業界は、ユニバーサルデザインには興味が無いみたいですね。それとも、Doveはシャンプーも溝なしなのでしょうか?

 シャンプーがツバキなので、リンスも赤いボトルにしておけばよかったと後悔したfocuslightsでした