読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

focuslightsの満たされない日々

日々の恨みつらみなど。文句などありましたら、コメントへどうぞ

金の精錬が面倒くさすぎる

2016年1月26日放送の鉄腕ダッシュに「菱刈鉱山」が放送されていました。鹿児島にある鉱山で、現在日本で最も金を算出している金山とのこと。

番組では、100kgの鉱石から0。15gの金を取り出していました。

採掘してから、山梨県身延町にある「湯之奥金山博物館」で昔ながらの方法(武田信玄の時代)で精錬していました

大まかな手順は・・・

  • 金鉱石を焼いてから水で冷やし脆くする
  • ハンマーで砕く
  • 石臼で粉にする
  • 「ゆり板」を使って水でゆすり、軽い不純物を取り除く
  • 鉛と共に炉で熱して、金を鉛に溶解させる(1100℃)
  • 灰の上で再度加熱して、鉛だけを溶かす(330℃以上)

って、なんだか効率が悪いですね。

こちらのページに菱刈鉱山での精錬方法が紹介されていました。

www.jgma.or.jp

おおまかに言うと

  • 一旦銅を抽出し
  • 銅を精製した残り(スライム)を回収
  • 塩素処理で金と銀を分離し、溶媒抽出法で金を抽出

だそうです。

 

うーん。工業的に完成したプロセスなのでしょうが、それでも大変そうですね。

現代の技術なら、イオン化して質量分離とかで精製できないのかしらと思ったfocuslighttsでした。