読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

focuslightsの満たされない日々

日々の恨みつらみなど。文句などありましたら、コメントへどうぞ

リアルタイムアンケートシステム

仕事柄プレゼンテーションの機会が多いのですが、真面目なものばかりでなくて、おちゃらけた発表が必要になることがあります。

特に、大人数での作業での初回チームビルディングなど。

全体の方向性は自分で決めるとしても、みんなでリアルタイム投票をして、作業方針を決めたりすると、その後の一体感を作り出しやすいと感じます。

そんな時利用するのが・・・mentimeter

www.mentimeter.com
f:id:focuslights:20170404204725j:plain
(c) mentimeter

予めアンケート内容を用意しておいてから、参加者にURLを配布するか、画面にQRコードを表示してmentimeterのサイトにアクセス。
で、ユーザーコードを入力すると、スマホからリアルタイムで投票できるシステムです。

無料ユーザーでも、3問までなら利用できて時々利用させてもらっています。

まぁ、これはお遊び



で、先日外資系ベンダーのセミナーに参加したら、入り口で電卓のようなものを配布されました。

いまどき景品に電卓を貰ってもなぁ。と思いつつセミナーに参加したら・・・
これがSunVoteというアンケートシステムでした。
f:id:focuslights:20170404204734j:plain

会場には200人ほどがいましたが、そこそこ広い会場でもスムーズにアンケート集計ができていました。
専用システムは違いますね。

裏面を見たところ、2.4GHz帯の電波を利用している模様。
もっともその機械は外資系メーカーが本国から持ち込んだもののようで・・・
FCCマークは付いていましたが、「技適マーク」はありませんでした(笑

総務省にタレこんでやろうかと思ったfocuslightsでした

アニメの機械学習装置が欲しい

先日引っ越しをしたとき、一番邪魔に感じたのが円盤。CD/DVD/BD類です。

購入した音楽CD,ゲーム類はもとより、
PLEXSTERのBurnProof CD-Rから初めて円盤焼き歴20年。
円盤そのものも保護ケースもジャケットも量・重さとも半端ありませんでした。

その中でも最も邪魔に感じたのが・・・TVアニメを録画したBD-R。

何度か紹介しましたが、私のアニメ視聴スタイルは、
① とりあえず地上波の「アニメ」タグは全部録画(5チューナー)
② 1クール終わったらBD-Rに焼く
③ レコーダーから消しながら、1クール分まとめて視聴する

です。

名作アニメを見逃さないための、安全策です。

さすがに「サザエさん」とか「バッコロリン」みたいな「タイトルから明らかに見なさそう」なものは①の段階で録画対象外に設定しています。
が、一旦録画したものは、とりあえず焼く方針。

1話くらいしか見たこと無いのに、妖怪ウオッチとか、アイカツとかプリパラとかは、録画・Blurayを焼くのをやめようと思います

問題は・・・
新規のアニメで、面白いかどうかわからないもの。
こちらはとりあえず録画・Blurayに焼いて、数話視聴して判断するしかありません。

面白く無いアニメとは
① そもそもの駄作、低予算・スケジュール破綻などでどうしようもないもの
② 低年齢、腐女子向けなど、製作者サイドの視聴者層に想定されていないもの
③ 世間的な評判は良いのに、自分に合わないもの

に大別されます。
早い段階で、①~③の判断を確定し録画をやめれば、Blurayと無駄な視聴時間の節約になるのですが・・・
これが難しい。

①の実例を出すと、問題になるのですが、逆に低予算っぽいのに面白かったアニメとしては・・・
ベルセルク:デッサンとかCGとか崩壊気味なのにシリアスアニメとして最後までちゃんと見れた
・この素晴らしい世界に祝福を:工事現場のカットの使い回しとか半端く、低予算ぽいが2期も放送された
・日常、みなみけ:絵が動かない、登場人物(声優)すくないけどおもしろい

でしょうか。

② が難しい。
子供向けアニメだけど、大きなお友達もターゲットに想定されているケースもあります。
プリキュアはシリーズ毎に全く違う。ハートキャッチは◎だけど、魔法使いは無理。見たいな。
あと、明確な腐女子向けアニメは当然削除対象。「おそ松さん」も1話で全削除。
特に、男性アイドルがステージで歌って踊るタイプ(うたの☆プリンスさまっ♪)などは無理。
でも、「少年ハリウッド」とか、「美男子高校地球防衛部LOVE」はOKだし、「Free」や「弱虫ペダル」は許容範囲。

③は社会現象になるほどのアニメでも、私の嗜好とは全く合わないタイプです
例を挙げると

一方流行りものでも

はOK

世間のアニメ評判マトメサイトとか全く当てになりません。



最近、ディープラーニングで画像認識が流行っていますが・・・
機械学習で私の好きそうなアニメを自動選別できないかなぁ。と思うfocusligthsでした。

障害者が健常者の足を引っ張る社会

gigazineを見ていたところ、「カルフォルニア大が無料講義映像を削除したが、別組織で再び無料で公開された」という記事がありました。

gigazine.net

「障害者向け対策ができていない」として削除された2万もの無料講義映像をLBRYが再び無料で一般公開予定
カリフォルニア大学バークレー校(UCB)が無料で公開していた2万以上の講義映像が「障害者向け対策ができていない」ということを理由に全削除を余儀なくされたのですが、コンテンツ共有プラットフォームの「LBRY」がコンテンツを復活させ、自社プラットフォームで無料公開しようと試みています。

U of California, Berkeley, to delete publicly available educational content
https://www.insidehighered.com/news/2017/03/06/u-california-berkeley-delete-publicly-available-educational-content

UCBはこれまで、大学の講義を録画したムービーなどをインターネット上で無料公開していましたが、ワシントン州のギャローデット大学の職員2人から「オンラインで公開されているムービーは障害を持つアメリカ人法(ADA)に違反している」と訴えられていました。

UCBは(PDFファイル)リリースの中で、無料公開しているコンテンツは「多くのムービーに字幕がない」「グラフやチャートなど、ムービーを理解するための代替方法もない」「ムービーのいくつかは自動で字幕がつくが不正確である」という理由からADAに違反しており、アメリカ合衆国司法省にコンテンツを障害者向けにするよう命じられていることを発表。しかし、大学の予算が減少しており、また州からの補助金も縮小する中で、コンテンツを障害者向けにするのが難しい、ということになり、UCBは「コンテンツを削除する」という選択をとることを決断しました。



障害者配慮ができていない。と無料講義の削除を要求って最低。さすがアメリカは違いますね。
でも、障害者が自分の弱さを武器にして、健常者の足を引っ張るって、日本にもその兆しがあるような気がします(特に、精神・知的)

「合理的配慮」が拡大解釈されないことを祈るfocuslightsでした。

不覚にも笑ってしまった(ひだまりスケッチハニカム)

2017年冬クール(1/7-3/25)にひだまりスケッチハニカムが放送されていました。
というか、2012年にTBS系が放送していたものの再放送といったほうが良いでしょうか。

なつかしくて視聴していたのですが・・・
一度見た作品のはずなのに、不覚にも声を出して笑ってしまいました。

1話にて。
3年生が、北海道に修学旅行に出かけたため、寮には1・2年生だけが残っているシチュエーション。
2年生の「ゆの」(主人公、阿澄佳奈)は「先輩らしいことしなければ」と思っているところに、1年生のなずなが「肉じゃがに挑戦したのですが、味付けに失敗したのですが、どうすれば良くなりますか」との相談。

「わかった。まかせて」といって試食した後のひとこと。

えっと、一度(肉じゃがを)ザルにあけて水洗いかな。

f:id:focuslights:20170422214256j:plain
c 蒼樹うめ/芳文社/シャフト/ひだまり荘管理組合、TBS

不覚にも声を出して笑ってしまいました。



結局、カレーライスに作り直してごまかしたという話でした。

そういえば、「逃げるは恥だが役に立つ」でも「大根と牛肉のスープ煮」でショウガ味が強すぎて、カレールーを投入してごまかす。という話がありましたね。

私もたまに自炊というか、「チャレンジ料理」に手をだすことがあります。
・豚肉の塊のワイン煮とか
・牛肉の塊のラード煮(コンフィ)とか
・鶏もも肉の高級日本酒蒸しとか

美味しくないことも多いのですが・・・
アニメをみて「そうだ、カレールーを常備しておこう」と思いついたfocuslightsでした。

ドリカムの名曲(何度でも。イントロ)

先日の「マツコの知らない世界」の「ドリカムの知らない世界」(2017/4/18放送)が話題になっています。

www.hochi.co.jp

人気ユニット「DREAMS COME TRUE」の中村正人(58)が18日放送のTBS系「マツコの知らない世界」(火曜・7時56分)でMCのマツコ・デラックスと(44)と初共演し、「ドリカムの知らない世界を」を赤裸々に打ち明けた。

放送、とても面白かったです。
ドリカムって、吉田美和バンドで、中村正人っておまけだと思っていたのですが、なかなか良いキャラ、かつ、ドリカムを支えている人なんだな。とわかりました。

ところで・・・放送中にドリカムの曲がいくつか流れていましたが、「おおぅ」と心が揺さぶられる曲を思い出したので紹介。

何度でも
www.youtube.com

この曲、サビの部分の「何度でも~」は正直駄作だと思うのですが、イントロのピアノとギターのフィンガーノイズが秀逸。
イントロとAメロだけ残して、もっと名曲に仕立て直せるんじゃないかと思います。

吉田美和が50歳過ぎと知って、ちょっと引いてしまったfocuslightsでした。

ヤマトの営業所受取をやってみた

最近、配達業者さんの再配達が問題になっています。

そういう私も、通販を利用することが多いのですが、平日はだいたい不在なので一発で受け取れることはほとんどありません。

コンビニ受け取りが可能なら積極的に利用するのですが、何故かウチの周辺のコンビニでは「商品を置くスペースがありません」とか「このサイズの商品はコンビニ受け取りできません」などばかり。

そもそも、コンビニ受け取りできない通販業者さんも多いので、申し訳ないなぁ。と思いつつ再配達してもらっています。

が、先日通販した際、クロネコヤマトさんだったのですが、連絡票の下の方に「直営店受取:ご利用いただけます」のチェックボックスを見つけました。
f:id:focuslights:20170413211257j:plain
そういえば、駅前にクロネコの営業所があったなぁ。と思い、営業所受取を利用してみました。

再配達の依頼と同じようにフリーダイヤルに電話して、荷物番号を入力して「店頭受け取り」を指定するだけ。
営業時間内なら日時の指定の必要もありません。

受け取りに行ったところ、印鑑だけではだめで、本人確認資料が必要とのこと。
写真付きの社員証で無事受け取りできました。

帰宅後検索したところ、以下のものが身分証明書として利用できるようです。
※本人確認 証例:運転免許証、健康保険証、社員証、学生証、パスポート、年金手帳、クレジットカード、キャッシュカード。(氏名の明記必須)

コンビニ受け取りだと、端末で30桁くらいの数値を入力した挙句、サインまでさせられることを考えたら、営業所受取のほうが遥かに楽です。

今後は積極的に店頭受け取りを利用しようと思ったfocuslightsでした。



と思ったら、ヤマト運輸が配送料金の値上げを決定したそうですね。
だったら、再配達してもらえばいいか。と思ったり。
www.jiji.com

 ヤマト運輸は13日の取締役会で、宅配便の基本運賃に関して、個人向けを含めて全面的に引き上げることを正式に決めた。基本運賃の引き上げは、消費税の増税時を除くと1990年以来27年ぶりとなる。具体的な値上げ幅は今後詰める。

JINZの経営方針転換

ここ数年は、JINSのメガネを愛用していました。

安い上に、レンズの仕様表(度数や瞳の間隔)を持参すれば30分くらいで完成すること、店員さんがどこも親切なのが理由です。

普段使いや、外出用のカラーレンズなど、いくつか所有していて、だめになったら買い替え。
値段が安いこともあり、使い捨て感覚です。

で、最近レンズに傷がついたので買い換えようと思ってJINSを訪問したところ・・・
なんだか値段が高い?

以前は、4900円/5900円/7900円/9900円の4プライスだったらしいのですが、4月から価格体系を一新し、5000円/8000円/12000円の3プライス制になったそうです。

普段は5900円の商品を買うことが多かったのですが、5000円には気に入るものが無く、8000円は使い捨てにはちょっと高い。
正直、微妙な価格体系になっていました。

もう一つが、デザインが傾向が私の好みに合わない感じ。
具体的に言うと、レンズ部とツル(耳掛け)の結合部分が太い商品ばかりになったことです。(金属フレーム商品)
f:id:focuslights:20170413204915j:plain
結合部分が太くなると、丈夫で壊れにくいのはわかるのですが、左右の視界が遮られて圧迫感があり、正直イヤ。



JINZはいつから価格帯とデザインの路線を変更したんだろう?と思い調べてみると・・・
一昨年の東洋経済の記事がありました。
toyokeizai.net

メガネのJINSは、なぜ戦略を転換するのか
眼鏡チェーン「JINS(ジンズ)」を運営するジェイアイエヌが反転攻勢に出る。この4月には商品ラインナップの6割程度を大幅に刷新。これまでヒット商品中心の品ぞろえだった商品構成を、早期に定番品6割、スポット商品4割に見直す方針だ。

 また4月9日からは、商品の展示の仕方も、これまで「エアフレーム」や「JINS PC」など商品別に陳列していたのを、「フォーマル」「クラシック」「スポーツ」など8つのカテゴリーに分けて陳列する。JINSと言うと、安くてデザイン性の高い眼鏡という印象から、20~30代の顧客がメインターゲットになっていた。が、定番品や高付加価値品の比率を増やすことで、顧客対象も全世代に広げる考えという。

PCのブルーライトカットメガネのブームが去って、眼鏡の売上が落ち込んでいることへのテコ入れのようです。
昨年訪問した時は、まだ在庫が残っていたようなのですが、方針転換が実店舗まで展開されたようです。

JINSからのお知らせも出ていますね



で、結合部が太い眼鏡ですが・・・

他に選択肢もないので、しょうがなく購入したのですが・・・1週間利用して、無理だと諦めて、結局お蔵入り。

今は、傷の付いたメガネを利用しています。

しょうがないので、別のメガネ屋を探しているfocuslighsでした。